胡蝶蘭に肥料は必要?正しい肥料のあたえ方

開店祝いなど、縁起のよい花として重宝される胡蝶蘭ですが、肥料はどのように与えたらよいのでしょうか。肥料の与え方を間違うと、せっかくの胡蝶蘭を枯らせてしまうことにもなりかねません。

胡蝶蘭の肥料の必要性

そもそも、胡蝶蘭に肥料は必要なのでしょうか。結論としては寿命を延ばして毎年花を咲かせてくれるようにするためには肥料は必要です。
しかしながら、肥料の与え方によっては株などを傷つけてしまう可能性もあるため、十分注意しましょう。

肥料を与える時期

まず、胡蝶蘭はどれだけ肥料を与えてもよいというわけではありません。季節など時期を見計らって適切な量を与えることが大切です。
肥料を与える時期は生育期にあたる春から秋ごろとなります。気温の低い冬に肥料を与えると、株が弱っているため、根腐れを起こす可能性があります。逆に、気温が高い夏に与えると、これも根を弱らせてしまいます。
また、肥料を与える際は、根の状態も確認しましょう。5月くらいになっても根がきちんと伸びていなければ、生長をするのを待つようにします。根が伸びていない状態では栄養を吸収できません。

肥料の種類

胡蝶蘭の肥料には「有機質」と「無機質」のものがあります。有機質のものは成分が流れ出すのが緩やかで、根にやさしいですが、臭いがあるので室内での使用には向きません。一方、無機質のものは化学的に合成したもので、速効性がありますので、与えすぎると根を傷める原因になります。
また、形状としては「固形肥料」と「液体肥料」があります。通常は手軽な液体肥料でもよいですが、置き肥として、粒状の「緩効性」のものを使う場合もあります。

肥料をあえるときの注意点

肥料を与える注意点としては少なめにするということです。胡蝶蘭に与える肥料の意味合いは株を強く元気にするためではなく、株の生長を助けるためのものです。弱っている状態で肥料を与えると、逆に弱らせてしまう場合があるため、肥料は少なめでかまいません。