とてもかわいく手ごろなミニ胡蝶蘭の育て方

開店祝いの際に送るような豪華な胡蝶蘭ではなく、ちょっとした送りものや自分へのご褒美などにも最適なミニ胡蝶蘭ですが、どのように育てればいいか迷う方も多いのではないでしょうか。そんな方のためにまとめてみましたので参考にしてみてください。
・水のあげ方
大きな胡蝶蘭と同様にミニ胡蝶蘭も水のあげすぎに注意してください。
植え込み箇所がカラカラに乾いてから水をあげます。冬場は特に成長が止まりますので根腐れに注意しながら水をあげるようにします。
・日の当て方
風通しがよく日当たりのいい場所が理想的ですが、直射日光を当てると葉焼けを起こしてしまいます。
冬場はレースカーテン越しぐらいがちょうどいいのですが、夏場は50%ほど遮光をするといいです。
遮光といっても全く遮るのではなくカーテンの動きで日の光が多少届くぐらいがベストです。
・温度の管理
もともと胡蝶蘭は熱帯生まれです。
そのため、暑さには強いですが寒さにはとても弱く、18度~30度ぐらいがベストです。
35度を越えず10度を下回らないように夏場と冬場は温度管理が必要です。
・肥料の与え方
水と同じように肥料の与えすぎも根腐れを起こしてしまいます。
出荷時に肥料が与えられているので二年目から月に一度程度、薄めた液肥を与えます。

ミニ胡蝶蘭はとても難しいと思われがちですが、丁寧に育てることで翌年も花を咲かせ毎年楽しむことができます。
温度や水やり肥料などポイントをおさえて育てれば毎年楽しむことができるのでたの