お祝いにおける白い胡蝶蘭の意味合いについて

白い胡蝶蘭には「清純」という花言葉を宿しており、貞淑性を求められる花嫁のイメージや、ウェディングドレスやブーケに最適な胡蝶蘭といえるのです。開店祝いや就任祝いに送られる花としても定番であり、さまざまな祝い事に送られる見た目のインパクトがうれしい素敵な花となっています。

その他の意味

白い胡蝶蘭には「清純」のほかにも様々な意味を持っています。胡蝶蘭というよりは白という色がもたらすものですが「誠実」「平和」といった清らかで落ち着きのある意味を含んでいます。

白という色がもたらす心理効果について

白という色には、空間を広く感じさせる、軽さを感じさせるといった、圧迫感を感じづらくし緊迫した雰囲気を紐解いてくれる効果が期待できます。ボリュームがあることが特徴の一つである胡蝶蘭ですが、白という色のおかげで軽い印象を与えてくれる花なのです。

誰もが憧れる花嫁のあこがれ

白い胡蝶蘭は結婚式での花嫁のイメージが連想しやすいかと思います。このことから花嫁たちのあこがれの対象となっており、白い胡蝶蘭を持つことがウェディングにおける一つの象徴となっています。この上ない祝い事である結婚式において、白い胡蝶蘭はこの上ない花なのです。

まとめ

上記の説明から、白い胡蝶蘭には清楚なイメージがつきものという事がわかりましたが、お悔やみ時といった少し悲しい場面でも白い胡蝶蘭は送られるものですので、真面目な場面で使われることが多いです。