退職祝いの胡蝶蘭の選び方とマナー・相場について

これから会社を退職する人に退職祝いで胡蝶蘭を贈ろうと思っている人もいるかと思います。
ですが、実際に退職祝いで胡蝶蘭を贈ろうと思った時でも胡蝶蘭の選び方やマナーが気になるという人もいるかと思います。

そういう方に退職祝いで胡蝶蘭を贈る時はどういう風にして選べば良いのかというと、一番良いのは同じ胡蝶蘭の中でも人気の物を
選ぶ事です。そうすれば退職祝いで贈られた側も同じ胡蝶蘭を贈られた場合でも不満を感じる可能性は低くなります。

次に退職祝いで胡蝶蘭を贈る時のマナーですがまずは胡蝶蘭の金額です。個人で胡蝶蘭を贈る場合は高くても1万5千円くらいの物を
贈るのがマナーになりますが、複数の人間でお金を出しあって胡蝶蘭を贈る場合は最低でも3万円未満ぐらいの物を贈るのがマナーになります。

また胡蝶蘭を贈るタイミングも大事になってきます。このタイミングを間違えると大変なマナー違反になります。
では、実際にどういうタイミングで贈れば良いかというと、送別会のタイミングか出勤最終日に贈るのがマナーになります。

また胡蝶蘭を贈る先の設置場所のスペースも考えて胡蝶蘭選びをするのも大事なります。
そして胡蝶蘭を贈る際には立て札が必要になる事を忘れないようにする必要があります。

またこれに加えてメッセージカードも一緒に贈ると贈られた側はさらに喜んでくれるので
退職で胡蝶蘭を贈る際にはメッセージカードも一緒に付けるのが一般的なマナーになります。