上場祝いで胡蝶蘭を贈る時の選び方とマナー・相場について

取引先の会社が上場する時はお祝いを贈るのが普通です。その時に花をお祝いで贈るのが一般的です。
そしてその時に贈る花の種類で人気があるのは胡蝶蘭です。

また胡蝶蘭を上場祝いで贈る時はどの色の胡蝶蘭を贈れば良いかなかなか迷うところです。
そういう場合は相手の花の色の好みが分かっている場合を除いて白色を選ぶのが無難です。

また上場祝いでお祝いで胡蝶蘭を贈る時はどのタイミングで贈るかが大きなポイントになります。
では、実際に上場祝いで胡蝶蘭を贈ろうと思った時はどの時期に贈るのが良いのかというと、それは
上場の当日に花が届くようにするのが良いです。

そして、上場祝いで胡蝶蘭を贈ろうと思った時にいくらぐらいの胡蝶蘭を贈れば良いのかというと
それは一般的には3万円から4万円くらいが上場祝いの胡蝶蘭の相場になります。

なので、これから上場祝いで胡蝶蘭を贈ろうと思っている人は取引先の上場祝いで本気で
祝う気持ちがあるならそれなりの金額の胡蝶蘭を贈る必要があります。

なぜなら、上場祝いで贈られた花はその日に会社のロビーや受付などに並べられます。
なので、みっともない花をそこに並べるわけにはいなかいです。

それなりに良い花を並べる必要があります。そして、上場祝いの花には立て札は必須です。
これを忘れてしまったら本当に大変です。万が一上場祝いの立て札を忘れないためにも
花屋に胡蝶蘭を注文する時に上場祝いの花である事を伝えておく必要があります。