昇進祝い 胡蝶蘭 選び方とマナー・相場 について

昇進祝い 胡蝶蘭 選び方とマナー・相場 に関して情報を共有したいと思います。
昇進が決まる時期は会社によってさまざまですが、大体6月か10月に多いと思います。この時期に昇進祝いの飲み会や新たな職場での歓迎会、前の職場での送別会など多くの絵画が開かれるのもこの時期です。幹事を任された若手はどのように昇進を祝ったら良いか、さぞかし困っていることでしょう。そのような方へのアドバイスを込めて書き連ねたいと思います。

胡蝶蘭の相場

胡蝶蘭は昇進祝いにもってこいの花です。また、胡蝶蘭は昇進祝いだけでなく、開店祝いなどにも重宝される花ですが、どちらかと言うとこれからもどうぞよろしくお願い致しますという意味を持たせたい場合に用いられるシチュエーションが多いです。なので、送別会などで胡蝶蘭を用いることは間違いではありませんが、ほかの花をチョイスすべきでしょう。

胡蝶蘭を渡すときのマナー

胡蝶蘭は花びらの部分がやや重たく、花束にして渡したとき、支えの部分が短いと花びらの部分が垂れ下がってしまい見た目が悪くなってしまいます。なので、花束のラッピング部分を少しゆとりを持たせておくと、相手にとっても親切になります。また、胡蝶蘭は結構、重たいので、花束として渡すのも見栄えが良く大変良いとは思いますが、バスケットにしてプレゼントするのも相手が持って帰るときに楽になるのでおすすめです。花屋さんで胡蝶蘭を買うとそのようなことについて聞かれると思うので、要望をしっかりと伝えて食い違いが無いように心がけてください。