喪中はがきの胡蝶蘭柄についてのマナーを知ろう!

喪中はがきと言えば胡蝶蘭柄が定着していますが、詳しいマナーについてはイマイチ分からないという事があると思います。
そこで、喪中はがきとして使う胡蝶蘭柄について紹介したいと思います。

胡蝶蘭柄はがきとは?

通常のはがきはヤマユリや山桜ですが、喪中はがきには胡蝶蘭柄が定着しています。
華やかなイメージの胡蝶蘭ですが、白の胡蝶蘭は上品な印象を与える上、悲しみに寄り添った気持ちを表現したり、花言葉の意味合いから故人への思いを伝えるなど喪中はがきに適しています。
喪中はがきは、年賀欠礼状というのが正式な呼称で、喪中の間年末年始の挨拶を遠慮するという意思を伝える時に使用します。
また、胡蝶蘭柄は喪中はがき以外にも、慶事や弔事にも使われることがあり、使い勝手が良い柄と言えます。

胡蝶蘭柄喪中はがきのマナー

胡蝶蘭柄喪中はがきを送るタイミングは、相手が年賀状の準備をする直前の、11月下旬から12月初旬に送ることが大切です。
喪中期間は四十九日か1年間で、喪中期間は故人との関係性によって違いがあります。
一般的に1親等から2親等の喪中は1年ですが、生前の関係性によって2親等でも喪中はがきを送らない場合もあります。
また、毎年年賀状のやり取りをしていた関係の場合は、胡蝶蘭柄喪中はがきを送ることが大切です。
胡蝶蘭柄喪中はがきの書き方は、年賀欠礼のお詫びから書き始め他界について明記します。
そして、感謝の言葉を入れ日付を入れる形が一般的です。

最新記事